二日酔いにも効果的なしじみエキス

昔から「二日酔いにはしじみ」と言われていたように、
実際、しじみは二日酔いに非常に効果があります。

 

そして、そのしじみの栄養成分を抽出したのがしじみエキス。
このしじみエキスの力、お酒を飲む機会が多い人、お酒が大好きという人は要チェックです!

どうしてしじみが二日酔いにいいのか

肝臓

摂取したアルコール分は肝臓でそのほとんどが処理されています。
お酒を飲むと、そのアルコールは肝臓へと運ばれます。
そして、そこでアセトアルデヒドと呼ばれる物質に分解されます。

 

さらにそこからアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に変わり、
体の中を巡り最終的に水と二酸化炭素に分解されるのです。

 

この一番最初の工程、アルコールからアセトアルデヒドにする部分は肝臓が行っています。ここからきちんとすべてのアセトアルデヒドが分解されれば問題はありませんが、
肝臓が疲れていたりキャパオーバーな量のアルコールを摂取してしまったりすると、
アセトアルデヒドが翌日にも残ってしまいます。これが二日酔いの原因!

 

ここで「しじみ」の登場です。

 

しじみにはオルニチンという成分が含まれており、
肝臓の「オルニチンサイクル」と呼ばれるサイクルを活性化してくれます。

 

オルニチンサイクルが活性化されるとアンモニアや、
アセトアルデヒドの分解が促進されて解毒がスムーズになるのです。

 

そのため、二日酔いになりにくく、またなってしまってもしじみを食べることで
二日酔いが早く治ったり軽減されると言われているのです。

 

⇒おすすめのしじみエキスのサプリメントはこちら

しじみに含まれる必須アミノ酸のバランスにも注目!

人間の体内では合成することができないと言われている必須アミノ酸。
しじみにはこの必須アミノ酸がたくさん含まれていること、ご存知でしょうか?

 

必須アミノ酸も肝臓の働きをサポートしてくれる栄養素のひとつです。
アルコールの解毒で疲れた肝細胞を修復する効果を期待できると言われています。
そのため、肝機能の働きが向上し、二日酔い防止につなげていくことが出来るでしょう。

 

ちなみにこのような肝臓に対する必須アミノ酸の効果、
実は含まれている量のバランスが大切と言われています。
必須アミノ酸のうち1つでも含有量が少ないと、働きが悪くなってしまうのです。

 

でも、じしみならその心配はありません。
必須アミノ酸含有量のバランスが良く、効率よく二日酔いの原因に働きかけてくれるのです。

タウリンやグリコーゲンが肝臓をサポート

オルニチンと同じように肝臓の解毒をサポートしてくれるのが、タウリンです。
タウリンはその他にも肝細胞の再生を活性化させる働きを持つと言われています。
そのため、アルコールの分解効率を高め、二日酔いになりにくくしてくれるのです。

 

また、シジミの主成分と言われているグリコーゲン。
これはエネルギーとして使われる際に即効性が高いことで知られています。
そのため、効率よく吸収され、すぐに肝臓の疲労回復などに働きかけてくれるのです。

 

グリコーゲンは元々吸収の早い栄養素であるため、吸収の際に肝臓に負担をかけません。
つまり、肝臓に負担をかけず肝臓のサポートをして二日酔い防止に繋げてくれるのです。

良いしじみの食べ方

しじみ汁

二日酔い防止に食べたいしじみ、どんな食べ方が一番いいのでしょうか。
一番は汁物です。汁に溶け出した栄養素ももれなく食べることができます。

 

特にオススメは潮汁や味噌汁です。これを飲むだけで二日酔いはかなり軽減されます。普段から1日1杯しじみ汁を飲むようにしておくと、かなり二日酔いしにくくなります。

 

薬効の高さは古来から伝えられていたというしじみ。
でも毎日食べるのは無理…そんな人はしじみエキスを使いましょう!

 

>>しじみエキスのサプリメントランキング