しじみエキスの副作用はあるのか

しじみ

肝臓に良い食べ物としての認知が広がっている「しじみ」。でも毎日食べるのは大変…という人のために、しじみの栄養成分を凝縮したサプリメントが販売されています。

 

水と一緒に飲むだけで、しじみの栄養素を摂取できるとあって、お酒の席が多い人や、肝臓の機能を高めたいと思っている人たちからの支持を集めています。

 

でも、気になるのは副作用があるのかどうか。。
はたして、しじみエキスを摂取することによる副作用はあるのでしょうか?

基本的には副作用の心配はない

結論から言うと、しじみは天然の食料になりますので、
基本的には副作用にあたるものはありません。

 

しじみに含まれる、鉄分を大量に摂ると、体に悪いことがあるようですが、
それはあくまでも極端な大量摂取の場合だけなので、
普通に毎日摂る分には、まったく問題はないので安心していいかと思います。

 

ただし、下記のとおり、一部例外はありますので注意が必要です。

しじみで肝臓が悪くなる?

一時期、しじみが流行ったときに毎日食べていたら
「逆に肝臓病の症状が悪化してしまった」というケースがあったといいます。

 

「毎日摂取し続けたら副作用があるんじゃ…?」
ということになりますが、当然ながら、注意が必要なことも考えられます。

 

実は、しじみに豊富に含まれている鉄分を、
すでに肝臓病を発症している人が過剰摂取してしまうと、
その症状が悪化してしまったりするケースがあるのです。

どうして鉄分が肝臓を悪くしてしまうのか…?

なぜ、肝臓が悪い状態の人が鉄分を摂取すると、余計に悪化してしまう危険性があるのでしょうか。

 

肝臓には、血液の材料となる鉄分が蓄積されています。
肝臓の病気になると、この肝臓に蓄えられる鉄分の量が多くなってしまうと言われています。

 

鉄分は基本的には血液の材料として知られている栄養素ですが、
過剰に蓄積されると活性酸素を発生させるようになってしまうのです。
その結果、発生した活性酸素が肝細胞などを酸化させてしまうため、
余計に肝機能が低下してしまうことに繋がるわけです。

鉄分の過剰摂取をしないためにお茶が便利!

日本人にとっては馴染みの深い緑茶。
実はこの緑茶には、体内で鉄分が吸収されるのを阻害する働きがあると言われています。

 

そのため、肝臓が悪い人は鉄分を摂取する際は、
お茶と一緒に飲むなどして、鉄分の吸収を控えめにすると良いでしょう。

 

ちなみに、反対の性能を持つのがビタミンC。
こちらは体内において鉄分が吸収されるのをサポートしてしまいます。
そのため、肝臓が悪い人が過剰な鉄分とビタミンCを一緒に摂取するのはNGです。気をつけましょう。

 

 

以上のように、すでに肝臓病を発症している方は注意が必要ですが、
そうでなければ、副作用を心配する必要はないでしょう。

 

もしも、すでに肝臓等、体を悪くされていて、その上で試してみようという場合、
事前に主治医に、その旨を伝えて相談してみることをオススメします。
少し不安を持ちながら摂るよりも、安心して摂取したほうが効果も高まるでしょうからね。

 

>>しじみエキスのサプリメントランキング